美容の定義と美容度を上げる方法

美容とは容姿を美しくすることです。
顔や体つき、肌を整え、化粧やヘアスタイル、ファッションによって、トータル的に美しく見えるように形作ります。
顔を美しくする為には、歯磨きや洗顔を毎日行います。
体を美しくするには、ダイエットや運動を行います。
規則正しい生活をし、カロリーや栄養を考えた食事を獲る事で、顔や体の美容度を上げることができます。
また、骨格を整え、体をしなやかにし、血行を良くして代謝を上げることが重要です。
骨格を整えるには、体操やストレッチを行ったり、整体院に行きます。
体をしなやかにし、血行を良くするには、ストレッチやヨガ、ピラティス、半身浴等を行います。
代謝を上げる為には、腹式呼吸を身に付け、運動やトレーニングで筋肉を付けます。
医師の施術により行う美容を美容医療といい、保険適応外の為、自費治療になります。
形成外科分野の治療を行う美容整形には、二重まぶた手術、鼻筋を通したり高くする手術、顎の骨やエラを削る手術、脂肪吸引や豊胸手術、リフトアップなどがあります。
泌尿器系分野には、包茎治療、陰部形成、シリコンボール手術などがあります。
皮膚科分野には、レーザー脱毛、シミ治療、ピーリング、ヒアルロンサン注入などがあります。
ヒアルロンサン注入によって、シワやたるみが改善されます。
ピーリングとは、肌が本来持っている力に働きかけて、傷んだ肌を改善することで、ケミカルピーリングとレーザーピーリングがあります。
レーザーピーリングとは、レーザーの光により、古くなった角質を取り除き、皮膚を活性化する方法です。
ケミカルピーリングは、グリコール酸配合ジェルを顔に散布し、表皮細胞を増殖させ、肌の新陳代謝を高める事によって、皮脂の分泌を抑え、毛穴のつまりを改善し、皮膚が生まれ変わる周期を調整する方法が代表的です。
審美歯科では、歯や歯茎の色をきれいにしたり歯並びを整えたりして、口元を健康的で美しくします。